top of page

チェンソー掃除に挑戦💪

皆様こんにちは。😊


先日の薪活はあいにくの雨で

オスロチェンソー261が

いいお仕事をしてくれたので

お掃除してあげます💪


挑戦!と力強く書いてますが

吉田はチェンソーで木を切った事も

エンジンをかけた事もありません💦


そんな吉田にお掃除ができるのでしょうか?

不安でしかないっす!


こちらオスロの261太郎

汚れまくっております!



何をどうすればいいのか

全くわからないので

説明書と、YouTubeをみながら

同じようにやっていこうと思います💪



このネジを回してこのふたを開けるらしい

が、硬い。。開かない。。笑 

こんなとこで手こずってたら

何もできないではないか💦 


こちらスプロケットカバーって名前だそうです。



汚れてますね。。これは水洗いしても

いいのかな??わからないので

ハケで木クズを落としました。


ジャーン!ピカピカ✨


ん?あれ?さっきYouTubeのお兄さんが

言ってた部品が無い。。



指さしてる部品が一つ無くなってました

チェンの外れやヨレを防止してくれる

部品だそうです。


掃除しなければ気付かなかったですね!

良かったです。



バーとチェンを外していきます!

外しましたらバー溝のお掃除をします。


バー溝清掃をする時に、レンチや専用の工具

を使われてるようですが

私はこちらで代用します!


ジャーン!

ただの厚紙だす!


折り曲げた角をバー溝に入れて

シャーシャーと綺麗にしていきます!


ゴッソリ汚れが取れますし

バーにとても優しい😆



次はクラッチドラムを取り外していきます。



黒い半円の部品で止まってる感じですね!

こちらE-クリップというお名前



ドラムの中です。こんなに汚れているんですね

びっくり‼️です。

お掃除していきます!



ピカピカ✨



クラッチドラムを取り外しますと

こんな感じなっております。

YouTubeのお兄さんはこちらも取り外して

ましたが、今日はここまでにしておきます。


では、戻していきます!



この黒い部品はニードルケージといいます。

こちらにグリースを塗り塗り!



はめます!


次にクラッチドラムをはめ込みます

クルクル回してるとカチっとハマる時が

きます。



リムスプロケットを付けました!

お花みたいな形の空洞が外側になるように

します。



シルバーのワッシャーとEクリップ

付けて取り付け終了!🙌


今日はここまで!


お掃除していると、ここがこういう役割を

していて、こうなるんだなって

いう事が分りました。

とても楽しかったです。🎵


今回色々な動画をみましたが

チェンソーって本当に危険な道具ですね


キックバックなんて事が起こる事も

知らなかったので。。😱

吉田ビビってます!


チェンソーを使う時は

完全防具で慎重に緊張感を持って

使わないといけないですね。


私が使う日は当分来ないと思いますが。。







Comments


bottom of page