薪ストーブって最高【OSLO】

更新日:2月10日


今回のお客様は、家を建ててから2年目のM様。

2021年の2月にオスロに来店。


「もう少し早く出会って、薪ストーブの魅力を伝えたかった」


そんな話をしながら、お家拝見。


薪ストーブの設置を考えている方は是非参考にしてほしい事。

薪ストーブには煙突が絶対に必要です。

煙突の計画がとても重要です。

煙突の計画次第で、薪ストーブ人生が大きく変わります。


煙突だけではなく、

薪ストーブの設置する場所、

薪を乾かす場所

薪を保管する場所

薪を運ぶ動線などなど

色々な事を考えなければいけません。


今回設置したい場所は、下の画像のカウンターのコーナーに設置希望。

設置場所としては最高です。

リビングのコーナーになるので家族皆んなが集まる場所です。

近くには大きなサッシも有り、家の中を汚さず薪の搬入が出来そうです。


しかし、新しいカウンターを壊さなければ、、、悔しい





次は、外からの確認。


煙突の計画を考えます。

新しい住宅なので図面があり、それを基に納め方を

考えていきます。


カウンターはもったいないですが、奇跡的に上手く理想の煙突が

計画出来そうです。





下の画像のはイメージ図






オスロとの契約を交わし、まだ薪ストーブは無いがオスロファミリーになったM様。

今年の冬に向けて、薪作りに励みます🔥


まず薪作りに必要なチェンソーと斧を早くもゲット!

やる気満々です。

すでにM様のハートには火が点きはじめました🔥


オスロのお客様は、M様のようなお客様は珍しくありません。

今年も薪ストーブ設置前から薪活に参加されている方も多くいます。

薪作りも込みの薪ストーブライフ。早い段階から楽しみをいっぱい

作っていきます。


オスロの薪活に参加して、他のオスロファミリーの方達と楽しく薪を集めまくります。





初めてチェンソーを使い始めたM様。

最初は、切り方が悪くチェンソーの刃を痛めてしまい、

中々上手く切れない時もありました。

オスロに相談して教えてもらいながら段々と自信をつけていきました。

木を切るのが、こんなに楽しかったとは、、、





体が大きいM様は、他の人達が重くて諦めた原木を、笑顔で車に

積んでいきます。


「羨ましいその力と余裕の笑顔」


薪を割る道具は、勿論グレンス🪓

全て手割りで作っていきます。

美味しそうなサイズが2匹いますね😍


割った後は、すぐに屋根の下に入れずに雨に当てながら

乾かしていきます。

しっかり風が通るように積んでいきます。





10月  薪ストーブ設置当日。

ガレージの中には、頑張って作った薪がズラーっと並びます。

自然と体が薪の方に引き寄せられて、薪の確認。

M様の思いが沢山詰まった薪達。


感動しちゃいます。

最高のオスロファミリー✨

オスロの思いが伝わってくれている。

嬉しいーーーーーー😍





ドラフト期待大の煙突。

イメージ通り。

カッコいい🔥

見た目もかなり大事です。

家との一体感が大事!





いよいよ待ちに待った火入れ当日。

やれることは全てやりつくしたM様。

本当におめでとうございます✨


今年の冬は自分の作った美味しい薪達を存分に燃やしてください。

オスロが話をしていた、薪ストーブの楽しみ方がよくわかって頂けると

思います。


思いのいっぱい詰まった薪達。

薪ストーブに薪を投入する度に色々な景色が見えてきます。






本当に嬉しそうに燃えているネスターマーティンS43bーtop。

M様に最高の顔(炎)を見せてくれます。

裏切らない奴です。


これからが薪ストーブ生活の本番です!

福井の暮らしを楽しみましょう✨



あなたのハートに火を灯す

by oslo