薪ストーブとお家が似合いすぎーー


オスロの近くにお住まいのM様。

以前から導入したかった薪ストーブの話を聞きに来てくれました。


1番、心配していたのが薪の入手の事。

オスロファミリー制度の話を聞いていただき、

スッキリ解消できました✨


次は、お家拝見です。

設置したい場所に上手く煙突が計画出来るでしょうか?

な な なんてカッコいいお家🏠✨

この画像だけ見たら、完璧海外でしょ。

煙突が付いていないのが不思議なくらいです。


家の中もカッコいい✨

中央上のサッシガラスの格子が、バーモント州感を出している🇺🇸


上部の梁からぶら下がる棒と言え、奥に見えるランニングマシンと言え、

M様のアクティブ感が見えて来る🔥

そういえば、玄関に早そうなロードバイクもあった🚵‍♂️


庭には、家庭菜園や木を育てており、

「完璧じゃないか」と勝手に思ってしまう自分がいる。

設置したい場所は、今TVが置いてある場所。

1番良い場所を薪ストーブに譲ってくれます。

その気持ちに感謝✨

嬉しいです。


新築当時の図面を見せて頂き話は進みます。

現場調査も行い設置できる事が分かり、無事オスロと契約🔥

今回は、薪ストーブ設置同時に、壁の塗装と屋根の葺き替えも行います。

この外壁は、いい味出ているから少しもったいない気持ちもする。


西側の壁は、西日対策で全面ロックタイル✨

北面に交わるロックタイルが嫌らしいくらいカッコいい。

雨水タンクのデザインも全く外観を壊していないし、

センスの良い方は全体がまとまっている。


屋根のスレート瓦も痛んできているとは言え、

めちゃくちゃいい味を出している。

この雰囲気めちゃくちゃ好きです。


屋根の葺き替えと同時に初めの煙突の取付終了。

後で煙突を伸ばします。


外壁の色も進んできて、雰囲気が一気に変わってきました。

玄関の雰囲気もカッコいい✨


炉台の下地or床タイル施工はオスロ。

背面のタイルの施工はM様ご夫婦の作品になります。

色々なタイルを見て、このタイルを選びました。

木目調タイル✨リアルすぎて遠くから見たら、本物の木に見えます。

天井、炉壁、床で全然違う木を使用していますが、縁のラインが効いていて

とてもまとまっている。



本体は、HETA社のノルンオーブン。

オーブン付きのタイプなので、冬は毎日オーブン料理を楽しむことができる、

特別タイプです。

扉を開けた状態でお鍋をオーブン内に置けば、

簡単にお湯を沸かすことも可能です✨



アクティブなM様は、契約をしてから直ぐにチェンソーを購入して、

オスロの薪活に参加して薪を集めまくりましたが、6月スタートだった為、

今年作った薪は来年用になります。

美味しくなるように置き方を工夫しながら考えていきます。


今年の冬は、良い薪を購入して頂き冬を楽しんでいただきます。

薪ストーブは薪が大事。

良い薪を燃やさないと全く楽しくありません。



屋根の葺き替えと、外壁の塗装工事と煙突が付いた外観🏠

以前の雰囲気とは全く違うものに変わりました。

煙突に全くの違和感を感じません。

めちゃくちゃ似合ってる。

この年の大雪の影響もあり、雪がいい味出してくれている。

本当にアメリカみたい🇺🇸

家の周りに薪が置いてある事とか想像したら、

絶対に似合いそうだし。

すでに、薪を集めまくっているM様。

これからもオスロファミリーと一緒に薪を作りましょう!



この画像は、次の年の6月の時の画像です。

奥に見える薪といい、手前の美味しそうな薪といい、

楽しんでますねーーー

薪を集める楽しさを知ってしまうと、

「家の周りが薪だらけになる」あるある。

しっかり、風の通りを意識しながら組んでいますね✨

薪の気持ちを考えている証拠!

嬉しいです😆

by oslo