なぜ?


なぜか、薪ストーブの調子が悪い時はないですか?

調子が悪い時は、絶対に原因があります。

そのちょっとした、いつもと違う薪ストーブに気がつかなければ、薪ストーブの調子は段々悪くなっていきます。



この可愛い宇宙人みたいな物体は、

煙突トップの中に入っている防鳥ネット。

煙突から鳥が入ってくるのを防いでくれます。

主にスズメさんが多いです。

絶対に入ってくる訳ではないのですが、

入ってくる可能性は結構あります。

今までに、お客様から薪ストーブの中にスズメがいるから助けてという連絡が度々ありました。

時期的に、シーズンオフ(使用しない時期)に入ってくる場合が多いです。

しかも、スズメさんは煙突の中の煤を体に

付けまくりながら薪ストーブ本体の中で暴れています。

上手く出してあげないと、ミスった場合

スズメさんが薪ストーブから家の室内に羽ばたき室内の壁に当たりまくります。

目が煤で汚れて前が見えにくいのだと思います。

壁には、スズメさんのハンコが何個も😱

煙突から入ってきたスズメさんを捕まえて逃してあげるには、くれぐれも注意して下さい!


それにしてもフワフワ感が半端ないですねー

タップリ防鳥ネットの周りに煤が付いています。



この防鳥ネットに煤が覆われると、

もう煙突トップからの煙の逃げ道は無くなり、

薪ストーブ本体や煙突の隙間から煙が室内に

入ってきて、家の中は煙やタールの匂いがするようになってきます。

最悪のパターンです!




なぜ?

こんな風になってしまうのか、、、

ちゃんとした原因があります。


答えを聞きたい方は是非オスロまで

聞きに来て下さい。



スズメさんは薪ストーブの中に一匹とは限らない

by OSLO